看護師求人のイメージ

お役立ちNavi

息子の入院中に起こったこと

"息子は生後8日で大きな病気になり、1か月位入院しました。その病院は、小児科がメインで24時間救急も扱うような病院でした。
ですから、小児科病棟のベッドは常に満杯で、看護師たちも毎日とても忙しそうでした。
私は、夫と交替で24時間付き添っていましたが、病気が急性期の時の息子は、母乳を飲むこともできず、毎日決まった時間に、私がおっぱいを絞って、看護師が冷凍保存していました。
そして、やっと病気も落ち着いてきて、母乳も少しずつ飲めるようになったある日、突然、看護師長と担当ドクターが改まって病室に入ってきて、私にお詫びし始めました。
というのも、看護師が間違って、違うお母さんの母乳の冷凍パッグを温めて、息子に与えてしまったというのです。
看護師長は、同じ母親として私のショックな気持ちを考えると、大変申し訳ないことをしたと平謝りし、その後も何かと私のことを気遣ってくれました。
しかし担当ドクターは事の経緯を説明して、息子に間違って飲ませてしまった母乳を出したお母さんは、調べた結果、特に移るような病気を持っていなかったので大丈夫だろうと言っただけで、なんとなく冷たい印象でした。
私は、間違ってしまったものは仕方ないと了承しましたが、やはり男性と女性では、母性があるないで考え方や感じ方も違うのかなと考えさせられました。
息子の病気は、その病院のドクターや看護師のおかげでよくなったと思うので感謝はしていますが、今回の母乳事件で、医療に携わる人は、人の命だけでなく、患者や家族の気持ちにももっと敏感になるべきではないかと思いました。"


病院での個人の呼び出しについて

© 看護師医療求人.com | ナースにおすすめの転職、求人情報をご紹介!. All rights reserved.